社長ブログ

床と靴底の新型コロナウイルス対策

イージーシューズラップ ウイルス対策

ウイルス(COVID-19等)や花粉との戦いが続いている昨今、手洗いやアルコール除菌、マスク着用など自分で出来るウイルス対策を誰もが万全にしていても、目に見えないウイルスはどこに付着しているか分かりません。

CDC(アメリカ疾病管理予防センター)が出版している雑誌『Emerging Infection Diseases』のサイト上で、新しい研究結果が発表され、研究結果から、
「医療スタッフの靴底は保菌物として機能するかもしれない。新型コロナウイルス患者がいる病棟を出る前に、靴底を消毒することを強くすすめる」
と論文で注意喚起されているそうです。
もしかすると靴からウィルスを広げてしまっているかもしれません。

イージーシューズラップは、靴に触れること無く、靴底をラップフィルムで覆うことができます。
汚染エリアとクリーンエリアの出入りの際に、フィルムを着脱することにより、ウイルスの拡散の減少に役立つのではないでしょうか。

今までになかった靴底のウイルス対策として、イージーシューズラップをお勧めします。

-社長ブログ

© 2020 シンアイ産業